マンチェスター・ユナイテッド、新生のオランダ式攻撃戦法

マンチェスター

こちらはマンチェスター・ユナイテッドの基本戦術、攻撃戦術、守備戦術を紹介します。ぜひご覧ください!

昨季の就任当初オランダ代表で成功させた3バックが定着しなかったが、今季はスタートから「4-2-3-1」を用いて安定的な強さを見せます。ルーニーヤ多彩なアタッカー陣が2列目で並び、シュバインシュタイガーシュナイデルランがバランス、ときにダイナミズムをもたらします。4バックの中央にプリントが入ったことでラインの上げ下げが柔軟になったが、中盤との距離感が生命線になります。

攻撃戦術

新加入デバイのサイドアタックがカギ
ボールをつなぎながらも相手の守備にズレを見出し、ルーニーが縦パスを引き出して仕掛けに転じる。新加入のデパイは左ウィングから勢力的な動きだしと高いシュート意識を見せ、技術派マタヤアンデルがバイタルエリアをタイミングよく突いでゴール前に絡む。高額の移籍金で獲得したフランスの新鋭マルシアルの活躍に大いに期待が持てる。

守備戦術

中盤の補強で守備も安定するか
中盤では四方からボール保持者を囲んで自由を奪い、流れにおんじてリトリートする。中盤はバランスの優れた選手が揃い、特に新加入のシュナイデルランはDFラインとスペースを空けないぼポジションニングが目を引く。CBは対人戦に強いスモーリングとカバーリングの得意なプリントが組み、右SBダルミアンの守備における貢献も高い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です